本&映画

本&映画

【まとめ】東大教授が教えるヤバいマーケティング|阿部誠|全ての消費者に行動経済学を【感想】

こんにちは。 読書感想文ブロガーのLinです。 以下の記事で紹介した本を教えてくれた友人がいるんですが、 今回また彼に勧められて 「おもしろそう!」 と思った私が、紹介された10秒後にポチってしま...
本&映画

【感想】私の個人主義|夏目漱石|個人的ベストの漱石作品。講義録

こんにちは。 もはや説明不要かと思われる、明治・大正期の文豪・夏目漱石。 『坊ちゃん』『吾輩は猫である』『こころ』『三四郎』『門』『それから』などなど、彼の決して長くはない作家生活の中で代表作を挙げるときりがありませんが、今回...
本&映画

【あらすじ】神の子どもたちはみな踊る|村上春樹|熊の話をし続ける、連作短編集。

こんにちは。 今日は、村上春樹さんの短編集『神の子どもたちはみな踊る』を紹介しようと思います。 村上春樹さんと言えば、『海辺のカフカ』『ノルウェイの森』『1Q84』などの長編のイメージが強い方が多いかと思うのですが、短編でも数...
本&映画

【要約・書評】予想通りに不合理|ダン・アリエリー|行動経済学の入門書!【感想】

こんにちは。 行動経済学、もしくはマーケティングというワードを聞いたことありますか? 人はシチュエーションに応じて、どんな心理状態になり、どう影響されるのか、ということを分析した学問です。 誰の生活にも密接に関係ある学問...
本&映画

【あらすじ・感想・映画化】アイネクライネナハトムジーク|伊坂幸太郎|出会いをテーマにした珠玉の短編集。

僕は伊坂幸太郎先生の大ファンなのですが、 伊坂幸太郎さんが人気作家として変わっているところとして、恋愛要素が極端に少ない、というところがあると思います。 しかし、今回紹介する『アイネクライネナハトムジーク』では伊坂作品には珍し...
本&映画

【あらすじ・感想】女のいない男たち|村上春樹|映画『ドライブ・マイ・カー』の原作

様々な事情で身近な女性を失う男性たちを描いた短編集です。 妻の不倫を知りながら咎めることなく死別した俳優と無愛想な女性ドライバーの交流を描く『ドライブ・マイ・カー』、 ビートルズのイエスタデイを関西弁訳した友人の幼馴染と形式的...
本&映画

【感想・書評】人間の土地|サン=テグジュペリ|人間の強さを描いた感動作【あらすじ】

こんにちは。文系学生のLinです。 さて、『星の王子様』で有名なフランスの作家であり、パイロットでもあるサン=テグジュペリ。 今回は、彼の傑作の一つ、『人間の土地』を紹介します。 エッセイに分類される作品です。 筆...
映画

【感想】スタンド・バイ・ミー|S・キング|ホラーの帝王が描く、青春小説の金字塔。【あらすじ・書評】

こんにちは。 S・キングと言えば、ホラー小説のまさに帝王的な作家です。 彼の作品は「シャイニング」「IT」や「アンダー・ザ・ドーム」など、映画化された作品も枚挙にいとまがありませんが、その中でも彼の自叙伝とも言える作品が、今回...
本&映画

【感想・書評】タイムマシン|ウェルズ|タイムマシンに乗りたくなる傑作SF小説。【あらすじ】

タイムマシン、というものを誰もが聞いたことはあるでしょう。 いまだに実現していない想像上の機械で、時間を行ったり来たりできるものですが、日本ではドラえもんのタイムマシンが有名ですね。 タイムマシン_(ドラえもん) 今日紹...
本&映画

【本】それでも、日本人は「戦争」を選んだ|加藤陽子|戦争に至る経緯を学び、不戦の誓いに活かす

こんにちは。 東京大学で教鞭を執る歴史学者、加藤陽子先生をご存知でしょうか。 彼女のご専門は日本近現代史で、複雑な当時の歴史を柔軟に紐解く分かりやすさに定評があります。 一般の方向けの著作が何冊かありますが、その中でも読...