本&映画

本&映画

【あらすじ・感想】映画『言の葉の庭』がエモい。雨に濡れる新宿御苑。

日本には四季がありますが、雨のほぼ降らない時期ってそんなに長くはありません。 しとしとと降る雨は、日本の雅な情景を際立たせるのに重要なエッセンスといって差し支えないでしょう。 個人的には、鎌倉という街は雨がとてもよく似合うスポ...
本&映画

【感想・あらすじ】砂漠|伊坂幸太郎|砂漠に雪を降らせることをできるか。

僕が初めて本作を読んだのは中学3年生の時ですが、大学生になった今でも度々読み返しています。伊坂先生の作品は、繰り返し読んでも飽きない名作が多いですね。 本作もそのうちの1つです。同じくらいの年代の方や、その時期を思い出したい方にオス...
本&映画

【感想・書評】火の鳥-未来編-|手塚治虫|永遠について考える参考書【考察】

手塚治虫先生の傑作、『火の鳥』。 灼熱の新宿を歩きながら、暑さから逃れるように建物にこもる人々を見て、ふとこの作品『火の鳥 未来編』(第2作)が描くメトロポリスが思い起こされたので今日は紹介しようと思います。 火の鳥シリーズの...
本&映画

【本・意味】アルケミスト~夢を旅した少年~を考察【書評・要約】

ブラジルが生んだ世界的作家、パウロ・コエーリョ。そして彼を一躍有名にしたのが、こちらの作品『アルケミスト』です。 世界文学といえば結構分厚いものが多いですよね。 同じラテンアメリカ文学でパッと思いついたのはノーベル賞作家ガブリ...
本&映画

LA LA LANDの予想外な結末と場面ごとの考察−あらすじ・感想(ネタバレあり)【バッドエンド】

2016年公開の大ヒット映画、LA LA LAND。 唐突な印象のあるオープニングと、これまた唐突なラストシーンに対して賛否両論別れる映画でしたが、個人的にかなり面白かったので今回内容をまとめました。 単純にミュージカル映画と...
本&映画

【あらすじ・感想】古都|川端康成|四季折々の京都と美しい日本語【書評】

こんにちは。文系学生のLinです。 何回か京都に行ったことがありますが、現代では世界中に【Kyoto】の名が知れ渡っているため、良くも悪くも人がごった返していますね。 古都・京都の魅力は1000年の悠久の歴史を持ちつつ、四季折...
本&映画

【感想・レビュー】重力ピエロ|伊坂幸太郎|なぜ彼らの絆はこれほど強くなったのか。

こんにちは。 中学3年生の時に伊坂幸太郎先生の作品にどハマりしていた時期があって、新潮文庫・講談社文庫・角川文庫を読み漁っていました。大学生になった今読み返しても、改めて感じることの多い作品ばかりです。 その中でも、今回紹介す...
本&映画

【あらすじ・感想】映画トゥルーマン・ショー|喜劇か?悲劇か?

こんにちは。 Amazon Primeに加入して2ヶ月くらい経っていますが、見放題の映画はなかなか見尽くせません。しかも名作映画が多いので、加入してよかったなあとつくづく感じるこの頃です。入っていない方はこの機会にぜひ。30日分の無...
本&映画

【感想】映画【イエスマン “YES”は人生のパスワード】元気が出る映画!

こんにちは。 Amazon Primeに加入して2ヶ月くらい経っていますが、見放題の映画はなかなか見尽くせません。しかも名作映画が多いので、加入してよかったなあとつくづく感じるこの頃です。入っていない方はこの機会にぜひ。30日分の無...
本&映画

【あらすじ・感想】伊坂幸太郎|魔王|煽動される怖さ【おすすめ】

こんにちは。 事実は小説より奇なり、とはよく言ったもので、現代では信じられない出来事やあるいはいわゆるフェイクニュースが跋扈していますが、逆に小説の中にはリアルな予見性のある作品があるのも「事実」です。 今回紹介する『魔王』(...