Dockerの書き方・使い方を学べるおすすめの教材まとめ

プログラミング&就活

こんにちは。文系学生エンジニアのLinです。

少し前にDockerの使い方を学び、現在個人開発に使用したりしているので、おすすめの勉強法と教材をシェアします。

Dockerはパソコンの中にパソコンを作るツールなのですが、概念が少し特殊でイメージが湧くまでが難しいです。

幸い巷に良質な教材がたくさんあり、適切に学べたので、それらを紹介します。

Dockerは今後多くの企業で導入されると言われているので、今学んでおいて良い投資だと思いますよ。

スポンサードサーチ

Dockerを学ぶメリット

軽量

素早く軽量な開発環境を構築することができます。

環境をファイルベースで記述するスタイルなので、環境が重くなりません。

私みたいに、容量の多くないMacBook Airなどのパソコンを使っている方にも優しい。

先輩が作った環境設定を自分の環境構築に再利用できる

Dockerで環境を構築する際にベースとなる「イメージ」というものがあるのですが、これは自分で0から作るだけでなく、DockerHubというGitHubみたいなところから引っ張ってくることもできます。

よく使うイメージをいちいち作る必要がないので、本当に重宝しています。

気軽に環境を作って壊すことができる

ローカル環境に色々インストールする時って怖くないですか?

ソフトウェア同士が自分の知らないところで干渉しあったり、バージョン管理が大変だったりで僕は怖いです。

Dockerを使って仮想環境を構築し、その中でインストールなどの操作をすれば、ローカル環境を汚すことがないので安心です。

おすすめ教材まとめ

さて、概念を学ぶことも大事ですが、実際に手を動かして試行錯誤してみるのが一番いい勉強法です。

ここでは、おすすめの教材を3つ紹介しました。

「Dockerの基礎を体系的に勉強する記事まとめ」

Dockerの基礎を体系的に勉強する記事まとめ
Dockerを勉強して、基礎知識やコマンドの使い方を覚えよう!

WEBサイトなんですが、無料でこのクオリティはすごいです。

Dockerの仕組みを知ろう!

Dockerをインストールしよう!

Dockerコマンドを使ってみよう!

Dockerfileを作ってみよう!

Dockerネットワークに挑戦しよう!

Dockerで開発環境を構築しよう!

の6記事で構成されていて、Dockerの完全な初心者の方はまずこのサイトをのぞいてみて間違いないと思います。

『プログラマのためのDocker教科書』

この本は非常におすすめでして、先ほど紹介したWEBサイト「Dockerの基礎を体系的に勉強する記事まとめ」のリファレンス的な読み方をすることで、

Dockerの基本的な使い方はしっかり理解できます。

忘れがちな「インフラの基礎」にも章を割いて丁寧な解説があるので、インフラをあまり理解できていないというような若手エンジニアの方にもオススメです。

『みんなのDocker/Kubernetes』

より大規模なWebサービスの環境を整理する際に、Dockerで生成した「コンテナ」を整理するシステム「Kubernetes」があります。

つまり、Dockerの入門としてはマストではないのですが、より発展したKubernetesを学びたいという方、もしくはKubernetesを学ぶ前提でDockerを学んでいる方は、この書籍がオススメです。

Docker入門から入って無理なくKubernetesに入門できる好著です。

まとめ

Dockerはインフラの知識も必要なので敷居が高く、敬遠していたのですが、学んで良かったです。

今回紹介した以外にも良質な教材がたくさん出ているので、ご自分に合いそうな教材で習得し、最高のDockerライフをお送りください。

それでは!

The following two tabs change content below.
Lin

Lin

都内でWebエンジニアをやっています。中国語・読書・筋トレが好きです。