【まとめ】マズローの欲求5段階説とは何か?

徒然日記

こんにちは。

本を読んでいると、いろんなところで「マズローの欲求5段階説」、「マズロー心理学」という概念に出会うので、それがどんな思想なのかを調べるため、解説書を読んでまとめてみました。

「そういえば、なんだっけ?」

という方に読んでもらえたら嬉しいです。

それでは、行ってみましょう〜。

マズローの欲求5段階説とは?

経営学のくだりでよく耳にすることがあるこの「マズローの欲求5段階説」。

ユダヤ人心理学者、アブラハム・マズローが提唱した人間の欲求の分類フレームです。

人間の欲求を

「生理的欲求」

「安全の欲求」

「所属と愛の欲求」

「承認の欲求」

「自己実現の欲求」

に階層化しました。こんな図がよくセットで出てきますね。

Wikipediaより引用

それぞれの段階について詳しくみていこうと思います。

スポンサードサーチ

「欲求の5段階」の内容

生理的欲求

生命維持(ホメオスタシス)の上で、最も基本的な欲求です。食欲、性欲、睡眠欲など。

基本的には、これが満たされるとより高次の、例えば「安全の欲求」を求めるようになります。

安全の欲求

防衛本能です。

私たちが、安全が保障されない環境に身を置いている時、様々な手段で安全な環境を帰厩します。

幼児期に顕著に見られますが、成人でも不安な環境はあるものです。

所属と愛の欲求

帰属意識を求める欲求です。

これが満足されない時、社会的な疎外感を感じることになります。

承認の欲求

承認欲求です。承認の欲求には2種類あります。

自己を承認する欲求

自分を自分として認めたいという欲求です。

自尊心を希求することで、自己による承認欲求を満たそうとします。

他者から承認される欲求

他人から認められたいという欲求です。

社会的ステータスの追求、出世欲、マウンティングなどが当たります。

自己実現の欲求

上記4つの欲求を満足したのち、さらに高次の欲求として自分自身の世界観・価値観を追求して自分の潜在的可能性を完全に引き出し、あるべき自分になることに強い関心を抱きます。

自己実現者とは?

以上5つの欲求を満たした人をマズローは「自己実現者」と呼びました。

自己実現者は、本質的な価値「B価値」を追求するようになります。

B価値は、次の14種類です。

真、善、美、全、生気、独自性、完全、完結、正義、簡素、豊かさ、無努力、遊戯性、自足性

そんな「本質的な価値」B価値、を追求する自己実現者からなる社会のことをマズローは「ユーサイキア」と呼び、その実現を目指します。

ただし、現実の世界ではまだまだ実利との乖離が大きく、理想論に過ぎないと言われています。

マズロー心理学に関しては、また書きます。

The following two tabs change content below.
Lin

Lin

都内でWebエンジニアをやっています。中国語・読書・筋トレが好きです。