本&映画

【感想・書評】火の鳥-未来編-|手塚治虫|永遠について考える参考書【考察】

手塚治虫先生の傑作、『火の鳥』。 灼熱の新宿を歩きながら、暑さから逃れるように建物にこもる人々を見て、ふとこの作品『火の鳥 未来編』(第2作)が描くメトロポリスが思い起こされたので今日は紹介しようと思います。 火の鳥シリーズの...
本&映画

【本・意味】アルケミスト~夢を旅した少年~を考察【書評・要約】

ブラジルが生んだ世界的作家、パウロ・コエーリョ。そして彼を一躍有名にしたのが、こちらの作品『アルケミスト』です。 世界文学といえば結構分厚いものが多いですよね。 同じラテンアメリカ文学でパッと思いついたのはノーベル賞作家ガブリ...
本&映画

LA LA LANDの予想外な結末と場面ごとの考察−あらすじ・感想(ネタバレあり)【バッドエンド】

2016年公開の大ヒット映画、LA LA LAND。 唐突な印象のあるオープニングと、これまた唐突なラストシーンに対して賛否両論別れる映画でしたが、個人的にかなり面白かったので今回内容をまとめました。 単純にミュージカル映画と...
徒然日記

MacBookにGoogle Chromeをインストールする手順を画像でわかりやすく紹介

こんにちは。 MacBookのブラウザは標準でSafariになっていますが、Google Chromeを導入したいと思う時があるでしょう。 そんな方のために、MakBookにGoogle Chromeを導入する手順を画像付きで...
徒然日記

緊急的なトイレ我慢に関する考察【実体験交えて詳しく解説】

お腹、快調ですか? 私はなんかお腹が弱くて、例えば ・油濃いものとお酒を一緒に摂取してしまった時 ・お酒を飲んだ後にカフェインを摂取してしまった時 ・朝を始め、食後にトイレに行くことに失敗した時 などに、つら...
徒然日記

【レビュー】和式トイレは何故いまだに一般的なのか【洋式派のぼくがメリットを考察】

シンキングタイム 読者の皆さんも1日に1回は考えると思うのですが、現代の日本でなぜ、未だに和式トイレが存在するのでしょうか。 人間ですから、トイレに入室しないことはできません。トイレ問題は、全人類にとって包括的な問題だと思いま...
本&映画

【あらすじ・感想】古都|川端康成|四季折々の京都と美しい日本語【書評】

こんにちは。文系学生のLinです。 何回か京都に行ったことがありますが、現代では世界中に【Kyoto】の名が知れ渡っているため、良くも悪くも人がごった返していますね。 古都・京都の魅力は1000年の悠久の歴史を持ちつつ、四季折...
徒然日記

【ベローチェ 西新宿店】カフェ作業が捗る【無料Wifiあり】【オススメ】

こんにちは。 突然だが、私はカフェで作業をするのが大好きだ。ザ・意識高い系大学生という感じでかっこいいし、快適なBGMも流れている。作業するのにはもってこいの環境だ。 ただ、快適に作業するにはどんなカフェでもいいというわけでは...
本&映画

【感想・レビュー】重力ピエロ|伊坂幸太郎|なぜ彼らの絆はこれほど強くなったのか。

こんにちは。 中学3年生の時に伊坂幸太郎先生の作品にどハマりしていた時期があって、新潮文庫・講談社文庫・角川文庫を読み漁っていました。大学生になった今読み返しても、改めて感じることの多い作品ばかりです。 その中でも、今回紹介す...
本&映画

【あらすじ・感想】映画トゥルーマン・ショー|喜劇か?悲劇か?

こんにちは。 Amazon Primeに加入して2ヶ月くらい経っていますが、見放題の映画はなかなか見尽くせません。しかも名作映画が多いので、加入してよかったなあとつくづく感じるこの頃です。入っていない方はこの機会にぜひ。30日分の無...