Disney+が日本で6/11から開始!デラックスとの違いは?

徒然日記

ディズニーが提供する動画配信サービス「Disney+」がいよいよ2020年6月11日から、日本でもサービスを開始します。

今回は、現段階で判明している情報をまとめました。

個人的に非常に気になっているサービスですので、参考になる情報をたくさんまとめておきます。

スポンサードサーチ

Disney+とは?

ディズニーが提供する公式の動画配信サービス。NTTドコモとの協業で提供します。

ディズニー以外にも、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル・ジオグラフィックの映像作品を見ることができます。

アメリカ、カナダ、フランス、インドなどの諸外国ではすでにサービスを開始しており、ステイホーム期間中に大きくユーザー数を伸ばした今世界的に注目されているサービスです。

そして、この度2020年6月11日から日本でもサービスが始まります。

もともと2020年の後半に日本でサービスを開始する予定だったので、予定が早まった形ですね。

料金は、月額700円(税別)。初回登録時のみ、加入した最初の1ヶ月は月額無料です。

動画見放題で700円。コスパ最高!

スマホ、タブレット、PCなどで視聴可能ですが、プレイステーション4などのゲーム機での市長には対応していません。

Disney+、Disney DELUXEとの違いは?

実は、ディズニー作品を見れる動画配信サービスとして、Disney DELUXE(ディズニー・デラックス)が2019年3月からサービスを開始していました。

今回サービスが開始されるDisney+は、Disney DELUXEよりも圧倒的にオリジナル作品が多いです。

すでにDisney DELUXEに加入している方は、6月11日から追加料金なしでDisney+を楽しめるそうですよ。

Disney+の配信作品は?

・ディズニー作品
 『トイ・ストーリー4』、『ライオン・キング』『リメンバー・ミー』などの新作映画。
 実写版『わんわん物語』など、ここでしか見られないオリジナル作品も。

・ピクサー作品

・マーベル作品
 『アベンジャーズ エンドゲーム』『アバター』『ナイトミュージアム2』など。

・スターウォーズ作品
 最初の1年で全作品配信する他、『エピソード6 ジェダイの帰還』から5年後を描くスピンオフドラマ『ザ・マンダロリアン』、『ローグワン』など。

・ナショナルジオグラフィックのドキュメンタリー

・20世紀スタジオの作品

Disney+公式サイトhttps://disneyplus.disney.co.jp/より

ただし、日本の場合、吹替版も制作しないといけない関係で、外国よりも配信が遅くなることもあるそうです。

今後1年以内に、続々とオリジナル作品も配信を開始されます。

Disney+の申し込み方法は?

Disney+に申し込むには、

・Disney+の日本版サイトhttps://disneyplus.disney.co.jp/より申し込む
・ドコモショップで申し込む
・My docomoで申し込む

の3パターンがあります。2020年6月11日午前8時より申し込み開始。

申し込みにはドコモのdアカウントが必要になるので注意してください。

Disney+が楽しみ!

サービス開始が待ちきれませんね。

とりあえずスターウォーズを全作品イッキ見するなど、いろんな使い方ができそうなDisney+です。

それでは!

The following two tabs change content below.
Lin

Lin

都内でWebエンジニアをやっています。中国語・読書・筋トレが好きです。