【感想】映画【イエスマン “YES”は人生のパスワード】元気が出る映画!

本&映画

こんにちは。


Amazon Primeに加入して2ヶ月くらい経っていますが、見放題の映画はなかなか見尽くせません。しかも名作映画が多いので、加入してよかったなあとつくづく感じるこの頃です。入っていない方はこの機会にぜひ。30日分の無料体験期間もあるし、学生なら月額わずか200円ほどで全てのサービスを受けられます。↓

Amazon Prime

今回は、【イエスマン】という映画を見ました。単純に面白いコメディとしても楽しめるんですが、ノンストップで進むだけの作品ではなかったので感想を共有します!

スポンサードサーチ

あらすじ紹介

非常に楽しい映画でした。

付き合いが悪い男の典型だった主人公のカール。友人の結婚式の前夜祭の誘いも遊びも全部とりあえず断る。

外出したり新しいことを始めるのはめんどくさいからとりあえず全部NONONO。

そんな彼の人生の転機になったのは、旧友(ノリのいい変人です笑)に誘われて行ったあるインフルエンサーのセミナーでした。

白髪の品のいい「テレンス」というインフルエンサーは、セミナー会場の満場の客を熱狂させ、「100万回、もう100万回唱えなさい」と言います。

その言葉は、「YES」。カールはその場で走り寄ってきた(老人とは思えないスピードで彼は走ります)インフルエンサーに誓約をさせられ、これから先どんな提案にもYESと答えなければならなくなりました。

彼のもともとの性格からして、要求がなかなかキツいです笑

その誓約を試しに無視した行動をしてみたカールでしたが、その途端にいくつかの不気味な事件が彼に襲い掛かります。

恐ろしくなった彼はそれ以降誓約を守ることにしましたが、強制的な形であれ積極的になった彼は人生が楽しくなり始めました。

ただ、思考停止のままYESと言い続けて、本当に大丈夫、カール?という映画です。

コメディの割になかなか考えさせられる名作映画です。

ちなみに、本作主演の俳優、ジム・キャリーさんはこちらの作品でも主演しています!こちらも非常にオススメなので合わせてチェックしてみてください。

レビュー

積極的になったカールが知り合った彼女は、カールがイエスマンだったことを知って彼の本心に疑いを向けるシーンがあります。

ナイスな結末を迎える本作でしたが、人を信頼するためには本心を打ち明け合う必要があるよね、ということをしっかりと学びました。

積極的になるのはいいことだけど、思考停止カールになるのは良いことではない、ということも学びました。

胡散臭いテレンスのセミナーでしたが、彼の登場シーンのBGMにはなかなかにジワジワ来るものがあります。個人的なおすすめポイントです笑

The following two tabs change content below.
Lin

Lin

都内でWebエンジニアをやっています。中国語・読書・筋トレが好きです。